シンゴジラのゴジラ役は狂言師

シンゴジラのゴジラ役は狂言師

新ゴジラ ゴジラの中の人は狂言師
狂言師の野村萬斎(50)が、映画『シン・ゴジラ』に出演し、シン・ゴジラを演じている事が29日、明らかになった。(オリコンニュース

質問者の写真
こんにちは。モスラが好きなライターのぐちです。

シンゴジラはぜひ映画館で見たかったのですが、タイミングを逃したのでツタヤでレンタルします。

気になって調べてみたらシンゴジラDVD(BD)のレンタル開始日は3月22日でした。とっくにレンタルもはじまってます。
オリコンニュースによるとシン・ゴジラ役が野村萬斎さんと言うことで、狂言の動きをゴジラに反映さえていると言うことです。でも何故、ゴジラに狂言の動きなんでしょうか?

そもそも狂言ってなに?

コトバンクによると以下の通りです。

日本の古典芸能。主として対話と所作による劇であるが,多分に歌,舞,語りなどの要素をも含み,その演じるところの中心は滑稽にある。その性質は,言語遊戯的なもの,人情の機微をうがつようなもの,風刺的なものなどさまざまであるが,概して無邪気な笑いを中心とする。(コトバンク

コトバンクが意地悪なのか、僕の理解力が低いのか、とにかく少し難しいので狂言師の善竹富太郎さんに聞いてみました。

質問者の写真
そもそも狂言とは何ですか?

解答者の写真
650年前に誕生したお笑いで、現代で言う漫才みたいなものです。

お笑いって聞くとなんとなく親しみやすいです。伝統芸能とか古典芸能と聞くと笑ってはいけないイメージがありますが、もっと気楽に見るもので安心しました。

なぜ狂言師にゴジラ役?

ゴジラ役にもっとも適したキャストと言われたら、僕はウルトラマンで有名な円谷プロを真っ先に思い出すのに、なぜそこを狂言師に頼むか不思議に思いました。

でも樋口真嗣監督は今まで人が入って撮影していたゴジラをCGでやるとなったときに、結局CGで人間が動きを入れなければいけない、そこに『のぼうの城』で縁のあった野村萬斎さんの狂言の会の再会で、狂言にはこの世ならざるものが演じられることに気がついたことがきっかけのようです。
この世ならざるものっていったい何を演じているのか、実際に狂言師の善竹富太郎さんに聞いてみました。

質問者の写真
人間以外にどんなものを演じることがあるんですか?

解答者の写真
鬼や蚊の精きのこなどを演じます。

まとめ

蚊ではなくあえて蚊の妖精なのも興味深いですが、ちょっとどのように風に演じているのか気になりますね。

ツタヤでシンゴジラを借りたら蚊の精を演じてしまう狂言師が、どのようにゴジラを演じていたのかに着目しながらシン・ゴジラをみてみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP