狂言道場〜その八〜

太刀奪(たちうばい)
8月17日(金)に、狂言道場〜その八〜を渋谷のセルリアンタワー能楽堂で行いました。
セルリアンタワー能楽堂は定員201名ですが、今回はなんと230名もご来場いただきました。誠にありがとうございます。
この記事では当日の模様を写真とともに振り返えります。

渋谷狂言道場〜その八〜

狂言道場〜その八〜渋谷セルリアンタワー能楽堂

と き:平成29年8月17日(木)
開 演:19時(開場18時30分)
終 了:20時50分頃
ところ:セルリアンタワー能楽堂(地下二階)
主 催:善竹富太郎
チケット(全席指定)
大人3,000円 学割 2,000円
 いつも通り場所は渋谷にあるセルリアンタワー能楽堂で行いました。

渋谷セルリアンタワー能楽堂の入口

満員御礼の用紙が貼ってありますね。

渋谷セルリアンタワー能楽堂の席

その人数に対応して特別席がつくられていました。

はじめに(狂言マニュアル)清水

客席は暗くてわからないですが満席です。

今回は清水(しみず)という狂言でわかりやすく説明してくれました。

狂言、清水(しみず)

どんな風にわかりやすく説明してくれるのかと言うと、こんな感じです。

狂言、清水(しみず)

このように善竹さんが途中で演技を止めて、説明を入れてくれます。これなら言葉がわからなくても、内容がスーッと頭に入ってきますね。

善竹さんが説明してくれている間、演者はと言うとごご覧の通り(写真ではわかりにくいですが)静止しています。中腰の体制でずっと止まってるって大変そうです。

そして、善竹さんのトークが終わり15分の休憩に入ります。

休憩〜15分間〜

和三盆 

休憩中は、善竹富太郎さんが開発に成功した和三盆を販売してくれていた恵菓(けいか)さんの販売所が大賑わいでした。

しっかり善竹富太郎印が入っていますね。

和三盆の販売所

「和三盆食べたことない!」という人のために試食もできるようになっていました。

和三盆の試食

銀座シックスにある観世能楽堂で開催される銀座の夜の狂言会の先行販売も行いました。

狂言披露:太刀奪(たちうばい)

太刀奪(たちうばい)

太刀奪(たちうばい)は主人の刀を借りた太郎冠者が通りがかった人の刀を奪いに行くお話です。

太刀奪(たちうばい)

なんだか写真からも楽しさが滲み出ていますね。

太刀奪(たちうばい)

通行人の刀を奪いに行った太郎冠者は、失敗して逆に通行人に刀を取られ、主人と取り返しに行き失敗して終わります。

狂言指南:狂言体験コーナー

狂言指南:狂言体験コーナー

最後は狂言指南:狂言体験コーナーということで、会場にいたみなさんと狂言の独特な発声を体験していただきました。

座っていると声がでないので、立ち上がってもらいます。

狂言体験コーナー中も会場から終始笑いが聞こえていました。

終わり

今回の狂言道場でも、時代の波に取り残されないように、現金だけでなくクレジットカード決済も取り入れました。

前回よりクレジットカード払いも少し増えたようです。まだまだ現金払いが多いですが、今後少しづつ浸透していきそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  1. 悪太郎 狂言

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP