学校狂言へのお問合せ

学校狂言について

能楽堂で公演する事以外に私達が学校に出張し、体育館や講堂で狂言を上演することを学校狂言と申します。

善竹富太郎とは?

大蔵流狂言師善竹富太郎

能楽という芸能は、「能と狂言」で構成されます。

伝統芸能ということで厳格なイメージですが、狂言は「お笑い」であるため比較的鑑賞しやすいのです。そこで、子供の頃から日本の伝統文化に触れてもらい、大人になってからも能楽を鑑賞し続けてもらえるようにと学校に出張して上演しているのです。

学校狂言だから単なる経験として狂言を観るのではなく、私は常々、面白かったと感じてもらえる公演をするよう心がけており子供たちに「面白かった!」と感じてもらうために重要になってくるのが、上演付き解説と狂言ワークショップ。

工夫を凝らし、他のどの団体のそれよりも充実していると自信をもっているものです。ひとりでも多くの学生が大人になっても狂言を見たいと思ってもらいさらに能楽堂に足を運んでもらえるように毎回の学校狂言に力を注いでいます。

善竹富太郎にご依頼頂ければ、子供達にとって最高の狂言鑑賞の時間をお届けすることをお約束致しましょう。

主催する狂言会の一例
2月 狂言道場(定員201名)
4月 渋谷の夜の狂言会(定員201名)
8月 狂言道場(定員201名)
12月 SORORI(定員650名)

※狂言道場は8回、渋谷の夜の狂言会は8回、SORORIは13回の公演実績があります。
(2017年8月現在)

「学校狂言」公演の例

学校狂言では、通常の狂言とは別に、狂言のことを全く知らない方のために開催している狂言道場バージョンの2つで学校狂言を開催しております。

後者の狂言道場バージョンでの学校狂言は通常の学校狂言より、さらに狂言を身近に感じてもらえるように構成を考えておりますので、より一層楽しんでいただけることでしょう。

学校狂言の流れ

1:実演を交えた解説(20分〜30分)
2:狂言 柿山伏 (15分)
3:解説(10分)
4:狂言 附子(20分)
5:よくわかる狂言体験コーナーの狂言ワークショップ(30分〜40分)
6:質疑応答コーナー (5分)
7:会場全員で笑い留め

(合計約2時間)

狂言道場の様子

狂言道場バージョン

狂言を見たことがないすべての方々のために世界一わかりやすい狂言会と称して、狂言道場という会を渋谷セルリアンタワー能楽堂で開催しております。

その狂言道場を出張して学校やホールでも上演させて頂きます。

 

普通に狂言を鑑賞してもらうのではなく、善竹富太郎オリジナルの穴埋め式テキストを使ってお客様が解説を聞きながら穴埋めの答えを埋めながら狂言をご覧頂くという画期的な構成です。

狂言道場バージョンの流れ

1:狂言マニュアル(40分〜60分)
ひとつの狂言を題材に善竹富太郎が解説者になり、役者の演技を止めながら解説をして、さらにオリジナルの穴埋め式テキストにお客様に書き込んでもらいながら狂言の理解を深めて頂くコーナー。

2:狂言披露 (20分〜30分)
善竹富太郎も出演して狂言を普通にご覧頂きます。

3:狂言指南(20分〜30分
善竹富太郎とプロの狂言師達が会場の皆様に狂言の基本的な動きや台詞回しなどをワークショップして体験して頂きます

4:会場全員で笑い留め

(合計約2時間)

柿山伏(かきやまぶし)

柿山伏

柿山伏のあらすじ

修行を終えた山伏(やまぶし)が故郷に帰る途中に、喉が渇いたので木に登って柿を食べる。あやまって食べた渋柿を投げると、柿の木の持ち主に当たってしまい無断で柿を食べていたことがバレてしまうお話です。

附子(ぶす)

附子

附子(ぶす)のあらすじ

主人が使用人に「附子という猛毒の入った桶に触れるな」と言いつけ家を留守にする。気になった使用人2人は附子の入っている桶のふたをあけると美味そうなので食べてしまう。猛毒ではなく砂糖だと気づき食べ尽くしてしまう。その後主人に対する言い訳を用意するお話。 

小学校、中学校では役者3〜4人で上記の流れで上演しております。

開催学校一覧

2016年度開催学校一覧(順不同)

稲城第六中学校
(東京)
王子第一小学校
(東京)
拝島第二小学校
(東京)
第九小学校
(東京)
麻布中学校高等学校
(東京)
高陵中学校
(東京)
小岩小学校
(東京)
高陵中学校
(東京)
⻲田小学校
(東京)
山王小学校
(神奈川)
日光市藤原総合文化会館
(栃木)
大平中学校
(栃木)
南河内中学校
(栃木)
城ノ内小学校
(栃木)
幕張中学校
(千葉)
船橋市立行田⻄小学校
(千葉)
岡部中学校
(埼玉)
広沢小学校
(静岡)
伝法小学校
(静岡)
洗馬小学校
(長野)
斜里町公⺠館 ゆめホール知床
(北海道)
広尾小学校
(北海道)
大口北小学校
(愛知)
高師小学校
(愛知)
広陵⻄小学校
(奈良)
なぎさ公園小学校
(広島)
海田中学校
(広島)
福島市立森合小学校
(福島)
福平小学校
(鹿児島)
福平小学校
(鹿児島)
紀の川市立田中小学校
(和歌山)
高山市役所 生涯学習課
(岐阜)

※2016年は17都道府県で32回開催しました。
※平成3年より延べ264回の学校公演を開催しております。 その他開催学校はこちらを参照ください。 

全国の学校で公演承ります

私は、より多くのこどもが大人になったときに狂言を見たいと思ってもらえるように全国、どの地域の学校へも出張しています。学校狂言の出張について、値段などその他気になることがあれば、どんな些細なことでも結構ですのでまずはお問い合わせください。

PAGE TOP