善竹富太郎とは?

大蔵流狂言師 善竹富太郎

1979年8月10日生まれ
学習院大学卒
祖父故善竹圭五郎、父・善竹十郎に師事。

3才より稽古を始め、5才の時に狂言「靭猿」(うつぼざる)の小猿役で初舞台を執り行う。狂言師の家の者達は公演第一主義で学校を休んで狂言の公演に出演しているというイメージがあります。しかし、東京善竹家としては祖父の故善竹圭五郎、父の善竹十郎の教育方針が学業優先でしたのでお陰様で伸び伸びと学校生活を送る事が出来て、狂言の世界にも抵抗なく入って行くことが出来ました。

PAGE TOP